引越し先として避ける地域

常に賑やか。

 

人混み。

 

みたいなところは住みたくないです。

 

人が多いところや、うるさいところ、何かをするときに一々並ぶとかそういうところは嫌ですね。

 

逆にコンビニとかもないみたいなところも嫌なんですが(笑)

 

ゆったりのんびり過ごせずにせかせか生活しなきゃいけないところはボツですね!

 

私はショッピングモールなどが盛んなところよりも自然が多いところのが良いです。

 

外出るたびに神経がすり減るようなところは住みたくないですね。

 

神経質なんで。

 

東京、大阪などの都会すぎるところは住みたくないです。

 

人が多すぎたり、物価が高すぎたり、車がつかえなかったりするので生活がしにくいと思うからです。

 

子供がいるので、子供がのびのびと遊べないところは住みたくありません。

 

また、周りの目を気にするタイプの人が多くいる地域には住みたくありません。

 

私がずぼらだというのはもちろんのこと、このタイプの人が多いと陰口や嫌がらせ、いじめなどが起こりやすいと思うからです。

 

私が沖縄県とは真逆に住みたいと思わないところは、日本の北海道というとこらです。

 

なぜなら私は大の寒いのが苦手な人間だからです。

 

北海道は確かに海鮮や食べ物、文化も独特で興味はありますが、夏が短く、冬に降る雪の量も半端ではありません。

 

暖房も絶対にないといけないですし、寒いのが苦手な私にはとても不向きな場所だとおもったからです。

 

また、土地が広いので方向音痴な私には北海道は住むに住めないだろうなと感じました。

 

困った近所との和解方法

数年前、賃貸でマンションに入居した人が毛の抜ける犬種である、ロングヘアダックスフントのブラッシングを頻繁にベランダで行いました。

 

毛が飛び散りまわりの家の洗濯物に付着するなど問題となったものです。

 

また、吠えてもそのままにするなど、犬の鳴き声のことも問題となりました。

 

赤帽ユーザーのノウハウ集

さらには、共有部分の廊下を、他人が見ていないときはそのまま歩かせ、粗相をそのままにしました。

 

賃貸での入居なので、いずれ引っ越して行くことを見越しているせいか、自治会にも入らず、近所付き合いも、極力避ける家庭でしたので、どのように問題点を伝えるか、まわりの家じゅうで困惑したものです。

 

私自身、犬を飼育しているので、とばっちりを受けていい迷惑でした。

 

自治会を通すこともできないので、個人的に私はお願いすることにしました。

 

なるべく波風を立てたくないので、その家の犬のお散歩時間に偶然そうに、うちの家の犬の散歩を行いました。

 

犬を連れている同士ですと、声をかけやすかったのです。

 

まずは、当たり障りのない話をすることを繰り返しました。

 

もうそろそろ大丈夫と思える次期になってから、その家の問題点を少しずつ、お願いという形で改善するようにお話ししました。

 

すぐに問題解決とはなりませんでしたが、いくらかは気にかけてくれるようになりました。

 

ですが、やはり窮屈に感じたのか、賃貸契約を更新せず、引っ越して行きました。

 

この家庭ほど酷いところは今のところありませんが、犬の飼育についての規約のない我がマンションでは小さなトラブルが今も絶えません。